トップページ > 教室紹介 > 海外留学

海外留学

久留米大学初の留学体験

明石英俊

私は34歳の時(20年前)にドイツのハノーバー医科大学に留学した。ドイツでは唯一の医学部単科大学であり、ドイツ、あるいは世界の医学をリードしている大学である。心臓血管外科においては年間に1,200例の心臓大血管手術が行われており、その中に約年間100例の心臓移植、肺移植、心肺同時移植なども行われていた。

私は久留米大学からの最初の留学者として赴いたため、留学当初は大変苦労した思い出が多いが、1年間に約400例の心臓大血管の手術に第一助手、または第二助手として参加することができた。最後の1ヶ月では当時の(エレファントトランクの)Borst教授が執刀を許してくれた。帰国後はハノーバー医科大学とのコミュニケーションも取れるようになったため、私以降の留学者は比較的容易に留学が可能となった。

このような留学を若手の先生方にも経験してほしいと思っている。ハノーバー医科大学の心臓血管外科のメンバーはロシアのエリツィン大統領が冠動脈疾患でバイパス手術を受けた時のドイツ医師団でもあり、テレビで記者会見を行っているメンバーが私のお世話になった仲間達であったことを今でもはっきりと覚えている。ドイツ語の勉強は大変であるが、ドイツは日本人には比較的親密感を持っており、外国の心臓血管外科を経験するには最適な留学先の一つであろう。

ハノーバー医科大のヘリポート

心臓移植や交通事故で出動する

ハノーバー医科大での手術室で

ドイツ留学で得た経験と宝

赤須晃治

私は、入局8年目にドイツに留学する機会をいただきました。
大学院を修了するころ、前任の青柳教授から「どこか留学して勉強してこないか」とお言葉をいただきました。当然、教授の口利きで留学先を紹介していただけると思っていましたが「自分で探して行ってみてはどうか」ということでした。先輩医師に相談したところ、当時世界でもっとも心臓移植、補助人工心臓治療を行っていたドイツのBad Oeynhausen心臓センターにオファーを出すことにしました。持ち前の度胸で直接ドイツに赴き、自分を売り込んだところ「2年程待ちなさい」とのお言葉をいただき帰国しました。

医局にて

そして、2003年から2005年まで勤務するチャンスをいただきました。当時、約6,000例/年の開心術を行い、しかも8室しかない手術室で毎日縦に3例ずつ行っていくという効率の良さも学ぶことができました。また、そのなかで半年間心臓移植病棟での勤務も行いました。日本人としては初めてだったそうですが、日勤、準夜勤、深夜勤のシフト制でしたので夜間は当然病棟に医師1人でした。夜中に心臓移植が始まるときには、自宅待機の患者さんを呼んでI.Cもしましたし、「移植後の患者さんが別の消化器系の病院で今から、手術を受けるが大丈夫か?」などの対応も任されていました。もちろん、埋め込み式補助人工心臓治療も最先端で、移植待機中の患者さんたちのQOLの高さに、愕然としたことも覚えています。

今、やっとこのときの経験を生かして、久留米大学でも埋め込み式補助人工心臓治療が始まろうとしています。また、留学中に国内外を問わず、多くの心臓外科医と知り合え、今も交流があることは、私の何よりの宝と思っています。

手術室にて

Kai,Masel,Koji

友人たちと

Heartcenter

休暇中の国内旅行

外科学講座を知る

  • 消化器外科
  • 心臓血管外科
  • 呼吸器外科
  • 乳腺・内分泌外科